ラジカル 武士道!(旧ラジカル コミュニケーション)


一日一生。         
by milton1964jp
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゲロゲロゲー?


夕飯の途中に「「吐き気&悪寒」


やべぇ~~~~~

食中毒?風邪??インフル???




日本特有の食材・・・・

生卵・・・・

外国では絶対に食べられない・・・・


何故?卵の殻にサルモネラ菌がくっついているからだ・・・・

何故日本では食せるのか?

品質管理の徹底だ・・・・


でも時々・・・・

消費期限前の卵は加熱しましょう!!


週末は疲れてるし・・・・



結局何事も無く・・・・




助かった!
[PR]
by milton1964jp | 2010-02-14 01:08 | Comments(4)
Commented by pfaelzerwein at 2010-02-14 06:38
養鶏所は見学したことがありませんが、日本の施設は特別に殺菌されて工場から卵が安く生産供給されていると認識しています。オスメスの判定の精度で有精卵の比率が違うのだと言う話もありますが。新鮮さはかわらないと思うので、やはり菌の数が違うのでしょう。
Commented by tomahawk_attack at 2010-02-14 22:04 x
何時だったか・・あるテレビ番組の中で、スーパーでは、なぜ卵が常温で販売されてるのかとの視聴者の問いかけに答えて、番組を作ってました。。
その答えとして、生卵の殻には、ミクロの穴が無数に開いているのだと。そして卵はその穴で呼吸しているのだと・・・
生卵も・・本来、要冷のままで保存してれば、40日くらい経っても、菌数に大幅な異常は見られないとの実験結果を示していた。つまり食べても何ら問題なし・・安全。。
なのにスーパーでは、なぜ要冷にせず、常温販売してるのかと?・・・しかも何故?短めの消費期限になってるのかと?・・・その答えはズバリ・・結露するから・・という理由だった。。
つまり、お客様が買って、持ち帰る間に、或いは持ち帰ってから常温で放置されると・・表面が結露し、結露したその水滴に雑菌が付着し繁殖。それらが気泡を通って殻内に入り、卵を急速に腐らせるから・・・との理由でした。。
Commented by tomahawk_attack at 2010-02-14 22:04 x
という訳で、もともと生卵には、そういう特性があるため、メーカーとしては安全確保のため、常温販売しており、消費期限も短めに設定しているのだとか?・・・
しかも・・メーカーによっては管理の度合いも、マチマチなので消費期限の幅も、各社各様になっているとのことでした。。
ただ・・スーパーによってはですが・・実際、要冷販売してるとこもありますよね。そこのスーパーの意識の違いかも知れませんが・・・
ということで、生卵は買ったら直ぐに冷蔵庫へ保管し、食べる際に取りだし、そして直ぐに使う・・・それが何よりも基本と言えそうです。。
特に生食の場合は・・尚更のことですよね。ですが・・メーカーの消費期限が過ぎても?・・・直ちにビビる必要はないらしいです。。
それでも、一応は熱を通した方が、より無難なのは言うまでもないことですがね。。。
Commented by milton1964jp at 2010-02-15 00:47
こんなにコメントが来るとは思ってませんでした。ちょっとびっくり!日本の卵は価格の優等生でした~最近は高価な卵も売ってます。

鶏卵は鶏の肛門から出てくる訳で・・・・いわゆる単孔類であります~故に殻には雑菌まみれだ・・・・知らない方が良い知識ですね。

最新のコメント

本当に面白いです!大袈裟..
by milton1964jp at 02:13
面白いですね。定期便だけ..
by pfaelzerwein at 03:11
問題はVHSプレーヤーが..
by milton1964jp at 20:19
「ロッド・スチュアート、..
by pfaelzerwein at 18:36
そうなる予感はしますね~..
by milton1964jp at 01:11
1月のこと、成田山初詣ツ..
by tomahawkattack at 20:26
これじゃ世界が壊れますね..
by milton1964jp at 01:43
どうなっちゃうんでしょう..
by tomahawkattack at 17:31
それにしても東海地方で地..
by milton1964jp at 23:48
二万人を越える犠牲者を出..
by tomahawk_attack at 23:00

ファン

ブログジャンル

日々の出来事